ホーム > タグ > 劇場

劇場

「虹色ほたる」を4回見てきた

http://www.nijiirohotaru.com/
「虹色ほたる」を今日まで4回見ました。初めは友人に誘ってもらった試写会で見て、公開週の日曜に2回目見て、会社帰りに3回目見て、そしてこの日曜にも銀座で見てきました。4回見たけど見るたびに新しい発見があるのがすごい。サマーウォーズのような夏の映画として気楽に見ることも出来るし、じっくり見て画面に隠されたメッセージを探し出すのもまた楽しい。
舞台は1970年代にダムに沈んだ村、主人公であるユウタは亡き父との思い出のカブトムシ採りに一人この村へやってきた。冒頭から驚かされるのはとにかく一切のCGを使っていないこと。3DCGで描かれた乗り物や小物類に慣れた目にはユウタの乗ってきたバスが全て手描きで描かれていることに早くも驚かされる。
CGはCGで大事だけどもこのアニメのテーマでもある「ノスタルジー」には手描きが相応しい。アニメーターたちもそれに応えてロクに線も繋がっていない一見ラフな太い描線で見応えのある画面作りがなされている。特に山下高明氏による、ダムに沈もうとする村を憂うような俯瞰多めのアングルで捉えている画面設計が素晴らしい。その辺りの手描きアニメーターへのリスペクトはエンディングにも表されています。
キャラクターのセリフは余計な説明がないため初見には若干分かりづらいかと思われる。しかし、セリフで説明されない分はキャラクターの芝居で描写されていたりするのでそれに気がつくと全ての芝居に意味があるように見えてくる。そうなるとまんまとハマってしまう。
声優は可能な限り子役俳優たちで固めている。特にさえ子役の木村彩由実ちゃんの甘ったるい声がかわいくてものすごく耳に残る。
hotaru2.jpg
胸を突き出して「一緒に帰ろう!ユウタ君!」かわいい
hotaru.jpg
心配そうに見つめるユウタに「ん?」かわいい
一度見た人も是非二度三度と足を運んで欲しい作品です。個人的にはここ10年で一番好きなアニメ映画になりました。

冒頭20分期間限定公開(5/19までの公開予定のはずだったけど今も見られます)

予告編
宇田鋼之介監督のインタビュー記事。ネタバレありなので観覧後にお読みください。
エキレビ!「虹色ほたる」監督インタビュー前編
http://www.excite.co.jp/News/reviewmov/20120524/E1337818548893.html?_p=1
エキレビ!「虹色ほたる」監督インタビュー後編
http://www.excite.co.jp/News/reviewmov/20120525/E1337876324568.html
※以下、ネタバレを含むので閲覧注意

全文を読む

Home > タグ > 劇場

おすすめ
Image of ユンカース・カム・ヒア [DVD]
ユンカース・カム・ヒア [DVD]
Image of 超攻速ガルビオン DVD-BOX
超攻速ガルビオン DVD-BOX
Image of 超攻速ガルビオン メモリアルアートワークス
超攻速ガルビオン メモリアルアートワークス [大型本]
Image of ハイスコアガール(5) 初回限定特装版 「ナムコ」アレンジミュージックCD付き (SEコミックスプレミアム)
ハイスコアガール(5) 初回限定特装版 「ナムコ」アレンジミュージックCD付き
Image of フルメタル・パニック! Blu-ray BOX All Stories
フルメタル・パニック! Blu-ray BOX All Stories
Image of 千年女優 [Blu-ray]
千年女優 [Blu-ray]
Image of KIRA☆Power/オリジナルスター☆彡
KIRA☆Power/オリジナルスター☆彡 [Single, Maxi]
Image of SHORT PEACE スペシャルエディション [Blu-ray]
SHORT PEACE スペシャルエディション [Blu-ray]
Image of 今 敏 画集  KON'S WORKS 1982-2010
今 敏 画集 KON'S WORKS 1982-2010
Image of 虹色ほたる―永遠の夏休み― [DVD]
虹色ほたる―永遠の夏休み―
フィード
メタ情報
タグクラウド

Return to page top