ホーム > タグ > 東映

東映

「必見!『虹色ほたる』と東映動画の名作たち!!」を見てきた

http://animestyle.jp/2012/10/22/2733/
新文芸坐×アニメスタイル セレクションの33回目、「必見!『虹色ほたる』と東映動画の名作たち!!」を見てきました。
「虹色ほたる」は個人的に今年のNo.1アニメ映画として激推ししてますが、「虹色ほたる」DVD発売を11/21に控え、都合5回目(10回以上見てる人も多いので5回は決して多くはないですが)となる鑑賞の機会を新文芸坐×アニメスタイルイベントにて与えてくれたことを嬉しく思います。
「虹色ほたる」を4回見てきた
上映に先駆けて、「虹色ほたる」監督の宇田鋼之介監督とアニメ様のトークショー。
「虹色ほたる」は正直、人を選ぶ映画だと思います。説明的なセリフを極力廃し(開始30分はユウタに何が起こっているのか正直分かりづらい)、作り手側から結論を提示することはしないという作品造りは一見不親切ですが、宇田監督はそれを「見る人に委ね」、「噛めば噛むほど味の出るスルメのような」作品を目指したとのこと。
「虹色ほたる」はダムに沈む村が舞台である。プロデューサーサイドから東映的な分かりやすい作品を求められていたけど、内包しているテーマが重いため結果としてディープな作品になってしまったとのこと。
エンディングのカットは尺の都合で本編から漏れてしまったカットを再利用している。自転車のCM部分はキャンディーズも作画した新井浩一さん。
隠れ設定:ユウタは文京区駒込在住。ケンゾーはデコトラ職人。独立するのが遅れたので芳澤さんとの結婚が遅れた(ずっと付き合っていた)。47歳のヘソ出しルックな旧姓芳澤さんは元々子どもの頃から洒落っけあったのと今っぽいカッコということで、基本的には森さんのデザイン。
ちなみに、原作からさえ子の名字は「オクヤマ」になっているのですが、ユウタの名字は特に決まっていなかったそうで、東映でオクヤマと来れば奥山玲子さんなので、言葉遊びから東映動画の名アニメーター小田部(コタベ)羊一、奥山玲子夫妻から取られたそうです(コタベじゃまんま過ぎるのでオタベになったけども)。その他、今発売中のアニメスタイル002にて「虹色ほたる」がコンテ、資料集付きで28Pも特集されてます。裏ネタ多数ですので是非ご一読の程を!

アニメスタイル 002 (メディアパルムック) [ムック]
発売日:2012/10/31
発売元:メディア・パル
著者:小黒祐一郎 (著), アニメスタイル編集部 (編集)
価格:¥1,575(税込)
在庫:在庫あり。

「虹色ほたる」は35mmフィルムでの上映。デジタルと比べてダイナミックレンジは低いので暗い箇所は確かにデジタルより見えなかったりしますが、フィルム独特のパーフォレーションの揺れはいい味出てたと思います。
「虹色ほたる」上映後、「龍の子太郎」「空飛ぶゆうれい船」「どうぶつ宝島」と東映長編(中編?)3本立てで上映。虹色ほたるも含めて全てフィルムでの上映で、前述の小田部、奥山ネタからうまく繋がった在りし日の東映動画の味を感じさせる良いセレクションだったと思います。
新文芸坐のロビーでは虹色ほたるの原画展示がありました。
A6yjykCCAAAeRHN.jpg
信じられるかい?右が原画で、左が修正原画なんだぜ・・・。
A6zIAISCIAAb6Q3.jpg
そしてDVD発売を前に11/9DVDレンタル開始!また来週さえ子に会える!!!
A6x24gVCUAA8Uva.jpg
宇田監督によるサイン入りユウタとさえ子イラスト。さえちゃんかーわーいーなー、超絶かーわーいーいーなー!!!
そうそう、アニメ様から来年「おおかみこどもの雨と雪」、「ももへの手紙」、「虹色ほたる」の「主人公が田舎に帰る3部作」の上映会しましょうとの嬉しい提言が。実現すればすごいラインナップですが期待して待ちたいところです。

虹色ほたる―永遠の夏休み― [DVD]
発売日:2012/11/21
発売元:TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
時間:105 分
定価:¥ 4,935(税込)
価格:¥ 3,621(税込)※27%OFF!!
在庫:予約受付中

イベント終了後、ふとした切っ掛けで大橋学さんとお茶する機会に恵まれました。


確かに自分も「ユンカース」と似たような匂いと情熱を感じました。
しかし、大橋さんはタフですね、先日のユンカースの上映の時もトークショー終えた後も帰らずにお客さんと一緒に朝までいてそれから自身の作品集を売るためにコミティアに行ったとのことでしたが。いやーすごい!

東映アニメーションギャラリー探訪

ぬるヲタが斬るさんより
試写で見た「虹色ほたる」がすごい気に入ったのでT.ジョイ大泉に4回目の「虹色ほたる」を見に行くついでに道挟んだ向かいにある東映アニメーションギャラリーに行ってみました。実は1、2回目をバルト9で見て、3回目にT.ジョイ大泉で見たんですが、平日の夜のため寄れなかったので日を改めての再来です。正直、T.ジョイ大泉は大泉学園駅からまあまあ歩くのでせっかくここまで来るならついでにギャラリーも見ていった方がいいです。無料ですし、映画見る前の時間つぶしにもなります。
ちなみにT.ジョイ大泉は上映機材としてSONY製4Kプロジェクターを採用、通常の劇場よりも高画質で一見の価値ありです。
東映アニメーションギャラリー外観。

建物は結構古く、歴史を感じます。入り口にはプリキュア勢がお出迎え、短めの廊下を抜けた先がギャラリーになっています。
IMGP8484.jpg
IMGP8488.jpg
その廊下に貼ってあった今冬に公開予定の「ONEPIECE FILM Z」のポスター。総合プロデューサー:尾田栄一郎、脚本:鈴木おさむ、オープニングテーマ:中田ヤスタカという、お金はありますから好きに作ってくださいよ的なやりたい放題っぷりはワンピで相当儲かっているんだなと思わずにはいられない。ビジュアルは非常にカッコイイ!
IMGP8490.jpg
等身大ハトプリ一堂。衣装は布地。
IMGP8493.jpg
でっかーいダンガードA。
IMGP8513.jpg
壁には歴代のアニメ作品の版権画が飾られており、これは「剛Q超児イッキマン」。上妻さんの版権だろうか。
IMGP8497.jpg
そして、ギャラリー右側の壁一面使って「虹色ほたる」の資料を展示。4Bの鉛筆で作画しているというだけあって極太の描線で、しかも繋がっていないので色トレス指示。
IMGP8499.jpg
IMGP8498.jpg
IMGP8500.jpg
IMGP8501.jpg
ギャラリーの隣には立体物のコーナーがあった。オフィシャル、WF1日版権ものなど結構フリーダムな品揃え。
IMGP8518.jpg
IMGP8537.jpg
やけに充実しているぽぷり。これオフィシャルなんて1個も無いでしょ。
IMGP8525.jpg
無造作にショーケースに置かれ、直射日光にジリジリ焼かれるキン肉マンたち。
IMGP8528.jpg
ジリジリ・・・。
IMGP8530.jpg
アンティーク風が完全に退色してその名の通りになってしまった「明日のナージャ アンティークミシン」。
本来この後「虹色ほたる」を見ていくはずだったんですが、連れに急用が出来たのと映画を見るよりギャラリーを見るのが今回のメインだったのでこれにて退散。また機会を見て4回目行きますよ。

Home > タグ > 東映

おすすめ
Image of 超攻速ガルビオン メモリアルアートワークス
超攻速ガルビオン メモリアルアートワークス [大型本]
Image of KIRA☆Power/オリジナルスター☆彡
KIRA☆Power/オリジナルスター☆彡 [Single, Maxi]
Image of ユンカース・カム・ヒア [DVD]
ユンカース・カム・ヒア [DVD]
Image of 超攻速ガルビオン DVD-BOX
超攻速ガルビオン DVD-BOX
Image of 虹色ほたる―永遠の夏休み― [DVD]
虹色ほたる―永遠の夏休み―
Image of (仮) キルミーベイベー Blu-ray BOX
(仮) キルミーベイベー Blu-ray BOX
Image of GATCHAMAN CROWDS   Blu-ray BOX
GATCHAMAN CROWDS Blu-ray BOX
Image of キックハート Kick-Heart (特典ディスク付) (取扱店限定)[Blu-ray]
キックハート Kick-Heart (特典ディスク付) (取扱店限定)[Blu-ray]
Image of SHORT PEACE スペシャルエディション [Blu-ray]
SHORT PEACE スペシャルエディション [Blu-ray]
Image of ハイスコアガール(5) 初回限定特装版 「ナムコ」アレンジミュージックCD付き (SEコミックスプレミアム)
ハイスコアガール(5) 初回限定特装版 「ナムコ」アレンジミュージックCD付き
フィード
メタ情報
タグクラウド

Return to page top