ヒーローものゲーム、子供の攻撃性増加の可能性

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20050107i101.htm

坂元教授らは2001年11月から12月にかけて、神奈川県や新潟県などの小学5年生を対象に、よく遊ぶテレビゲームと攻撃性に関するアンケートを実施、1年後に同じ児童に追跡調査を行い、周囲の人への敵対心を表す「敵意」など、攻撃性に関する5つの指標について、その変化を調べた。

それは子供の成長の“ブレ”の範疇じゃないかなぁ。5〜6年っつーと男はチン毛が生え、女は生理が始まる時期でもあるし(マン毛が生えないという訳ではない)。敵意といっても色々な構成要素が絡んでそうなのでテレビゲームの話だけにこじつけるのは無理があるだろう。

コメント

  1. ぼろん より:

     成長期の子どもは意外に「悪」に憧れるものだから、
    ゲームで「悪」を演じられて満足した可能性もあります
    しね。

  2. aniota より:

    ウィズ4のワードナの事かー

  3. 匿名 より:

    ウルトラマンガイアよりウルトラマンアグルの方が
    人気があったと言う話がありますし

タイトルとURLをコピーしました