「女性向け萌えゲーは安定市場」――“携帯TV電話”で遠恋するSLG

「女性向け萌えゲーは安定市場」——“携帯TV電話”で遠恋するSLG
男性向け萌えゲームは曲がり角を迎えていてリスキーだが、女性向け市場は安定している——女性向け恋愛SLG「マージナルプリンス」は、好みのぶれない女性ファンがターゲット。キャラ音声には人気声優を起用し、声優ライブも計画。メディアミックスで収益をあげる。

「男性の“萌え”には波があるが、女性の“萌え”はバラツキが少ない」――クリアキューブの有馬あきこ社長は、女性向け恋愛シミュレーションゲーム(SLG)「マージナルプリンス」を開発した背景をこう語る。

男性、女性の萌え観の違いという話ではなく、女性向けの方は単に市場が小さいからバラツキが少ないように見えるだけだと思う。しいてバラツキが少ないと言うとするならば、それはゲームに出演している人気男性声優の力によるものだろう。

「女性向け恋愛SLGファンは1〜2万人程度。市場としては小さいが、男性向けと比較してジャンルも少なく、ファンが固定化している」(有馬社長)。

こっちの言い方はまだ理解出来る。

コメント

タイトルとURLをコピーしました