キャプテンパワー

「キャプテンパワー」とはアメリカのSF特撮番組であり、かつテレビに向かって専用銃を撃つと画面がインタラクティブに反応するというアメリカのおもちゃである。どちらかというと番組自身よりもおもちゃの方が有名。で、このおもちゃの練習用ビデオというのがAIC制作のアニメ版「キャプテンパワー」で、「バトルトレーニングビデオ」とサブタイトルが付いているのはそういう理由からである。おそらく本放送で銃がうまく扱えるために子供が何度も繰り返し練習できるようにという理由で発売されたのだろう。「キャプテンパワー」本編のビデオではないのでお間違えなく。
実は豪華なスタッフで作られているこのビデオは作画マニア以外にはあまり興味がそそられるモノはないだろう。何しろ全編通して背景動画しか無いからだ。ひたすら背動と爆発と破片とミサイルを楽しめる頭のおかしい人以外には全くお奨めできない。
一応アニメパートスタッフリスト。スタッフロールがローマ字表記なので漢字が分からない人は除いてあります。すいません。

キャプテンパワー・バトルトレーニングビデオ タイプ1
 作画監督:大平晋也、矢野淳
 作画:西井正典、伊藤浩二ほか
キャプテンパワー・バトルトレーニングビデオ タイプ2
 作画監督:大平晋也、矢野淳
 作画:逢坂浩司、毛利和昭、糸島雅彦、濱川修二郎、吉田徹、沖浦啓之、貴志夫美子ほか
キャプテンパワー・バトルトレーニングビデオ タイプ3
 作画監督:大平晋也、矢野淳
 作画:逢坂浩司、毛利和昭、糸島雅彦、濱川修二郎、吉田徹、沖浦啓之、貴志夫美子ほか

3巻通して作画監督は大平晋也と矢野淳。2と3はほぼ同じスタッフによるものだが、巻を増す毎にキチガイ度は上がっていく。ここでは「キャプテンパワー バトルトレーニングビデオ タイプ3」より、大平晋也作画を出来るだけ堪能できるように一連の流れを数多く貼ってみる。

うーん、やっぱ連続画ではもう一つよく分からないね(;´Д`)閉まりかけたハッチを戦闘機がミサイルで破壊して突入するというカット。とにかく「キャプテンパワー」はエフェクトアニメーター時代の『スパーク大平』最高の仕事と言えよう。この後、「AKIRA」の参加を機にリアル系作画に傾倒していくことになる。
そしてこっちはエフェクトに修正入っているんで定かではないが破片の感じからして多分沖浦さんの作画かなぁ。タイミングは吉田さんっぽいけど。

ひたすらミサイルで攻撃を受ける。特にこの3巻はやりたい放題でその作画密度は壮絶極まる。黒と黄色のエフェクトが入り混じっているが、これが1コマで高速点滅しているポケモンフラッシュな透過光。

コメント

  1. kouiti より:

    昔ゲーセンにあったヘリコプターのLDゲームみたいだ

  2. MiniMoni より:

    ああー 俺も買った買った。懐かしいな。aniotaさんとは趣味があうなあ

  3. aniota より:

    全員置いてけぼり喰らわすつもりで書いてるのに付いてきている人がいるのが驚愕だ(;´Д`)MiniMoniさんは一体何者なんだ!

  4. ファイトチバ より:

    フリッカーのせいで今となっては、再販はきていできそうもないが、この作画は、気が狂っているとしか思えない。特に3巻は必見だ。

  5. a より:

    VHSビデオデッキでコマ送りしまくった最後の作品かもしれない。

  6. キミドリ より:

    感動です!
    16年ほど前にVTRで観せてもらったことがありましたが
    タイトルを失念していました。
    原画スタッフにある通り
    原画陣がAICパートとアールパートに分かれてましたね。
    より細かさ巧みでアールに軍配がありました。

タイトルとURLをコピーしました