ツルシカズヒコの新雑誌「言語道断」

http://gongododan.jugem.jp/
古谷実「シガテラ」の南雲さん?の表紙が目を惹くツルシカズヒコ編集長の新雑誌「言語道断」が5/27に創刊。毎月27日発売。
相原コージ、竹熊健太郎によるサルまん復刊話や大泉実成の「萌えの研究」など、吉田豪のケラインタビューもあったかな。立ち読みだった上に見たの先週だったので記憶があいまい(;´Д`)
久々に写真で見る相原コージはたけくま先生と変わらないくらい貫禄ついてますね。
たけくまメモ – 【猿漫】『サルまん』復刊について
http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/post_e236.html
相原コージと言えば・・・神保町の本屋で相原コージの著作(「文化人類ぎゃぐ」だったかなぁ?)を指して「これ面白いよ」「へぇ」とか言ってる野郎二人組に、偶然その場に居合わせた相原コージが後ろから「(面白いと思ってるなら)買えよ!」って心の中で鬼の形相で突っ込む、という実際にあったっぽい話が相原コージのなんかの単行本に載ってるんだけど、この面白いよって言ってる奴、俺のような気がしてならない(;´Д`)確かに書泉かなんかのマンガコーナーで言った覚えがあるし、時期的にも凄く近かった。そしてなんと言ってもマンガの中のキャラが非常に俺と連れっぽい(;´Д`)なのでずっと気になってる。
もしこれが俺だとしたら「持っているから面白い事を知っているし、持っているから買う必要がなかった」と言うことを改めて言っておきたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました