熊倉隆敏「もっけ」6巻

元々話によって時系列がバラバラなこの作品、仏壇の遺影など今まで示唆する程度しか触れられていなかった祖母の死の話が6巻にして遂に描かれた。そしてこの話は二人の成長に欠かせない大きなターニングポイントになっている。
6巻では静流は高校生、瑞生は中学生になった訳だが、中学生になった瑞生の肩口や腰回りが丸くなっているのが地味だが凄い。おそらく作者の熊倉隆敏は時系列が飛びがちなこの作品のリアリティを重視するため、年齢の描き分けにもの凄く気を遣っているのだろうことが伺える。

もっけ(勿怪) 6 (6)
発売日:2006-11-22
著者:熊倉 隆敏
出版社:講談社
定価:¥ 530(税込)
在庫:通常24時間以内に発送

コメント

タイトルとURLをコピーしました