3月に平野耕太の新刊3冊リリース

http://73714.at.webry.info/200902/article_1.html

また仕事漬け。
3月に単行本が3冊まとめて出るのでなんかもう地獄
ほんとに地獄。

1冊は最終巻となるヘルシング10巻。これは告知済み。
http://www.shonengahosha.jp/calendar/index.php?y=2009&m=03&d=01
アワーズ6月号から平野耕太の新作漫画がスタートするものの、ここ数年、連載と言えるものはヘルシングしか無かったので、おそらく1つは各誌読み切り(ヒラコーと愉快な仲間たちが出演する「以下略。」シリーズなど)をまとめたものだろうか。そしてもう1冊は・・・まさか何かの復刻?
<追記>
最後通牒こぼれ話によると、当初2006年に大同人物語の完全版が発売される予定だったそうで、「略。」も発売予定にはあったもののいつの間にか発売予定から消えてしまっていたそうです。
ホワイトデータマンションには2006年中に出版までこぎ着けるのは厳しい旨が示唆されてます。これらを加味すると、3月に出版される平野耕太の3冊は
・Hellsing 10巻
・略。
・大同人物語(完全版)
が有力。
そういえば数年前にも絶版だった「COYOTE」が突然アキバの一部の書店に並ぶなどの事件(?)があったんだけど、結局あれはなんだったんだろう?

コメント

  1. 式♪ より:

    >そういえば数年前にも絶版だった「COYOTE」が突然アキバの一部の書店に並ぶなどの事件(?)があったんだけど、結局あれはなんだったんだろう?
    聞いた話ですが、あれは出版社側が再販希望が多かったので、ヒラコーに断りなく再販したものだとか
    あれは、京都でも手に入りましたよ
    それなりに全国流通したんじゃないでしょうか?

  2. イルム より:

    ヘルシング外伝とエース桃組でやってたアレですかね?
    >そういえば数年前にも絶版だった「COYOTE」が突然アキバの一部の書店に並ぶなどの事件(?)があったんだけど、結局あれはなんだったんだろう?
    それは知らなかった・・・。
    どっかにないですかね~。

  3. aniota より:

    >式♪さん
    自分もそういう話は聞いてました。しかし京都でも入手出来たとは驚き!
    作者に無断で再販なんてグレーもいいとこでしょうけど、そのリスクを負ってでも再販掛けるくらいだから数千部単位は流通したんでしょうね。
    >イルムさん
    もう7年か8年くらい前の話ですからね・・・。某サイトの日記にてアキバで「COYOTE」入手したって話が書いてあってそれを信じてアキバまで買いに行ったら本当にあったという。そういえばこの時もう1冊jbookかなんかのネット書店で注文して買ったのを思い出した。本当に送られてきてビックリ。そりゃー全国流通してるはずだ。

タイトルとURLをコピーしました