ばるぼら × 前田毅~ビジュアル系対談:激突!!血と薔薇 【後編】

ばるぼら × 前田毅〜ビジュアル系対談:激突!!血と薔薇 【後編】 - WEBスナイパー
1979年創刊『S&Mスナイパー』が贈る、魂の暗部を狙撃するSM情報ポータル。

前田:ていうか最初の話に戻すけど、レイジーのボーカルの影山ヒロノブが解散後「ドラゴンボールZ」とかアニソンに行くじゃないですか。完全に歌い方はジャパメタのまま。
ばるぼら:アニソン中心のランティスってレイジーの人が作った会社だもんね。
前田:それで水木一郎とJAM Project組んで海外活動したりOTAKONに出るわけですよ。アニメタルとかあったけど、最初からオタクとメタルは近接してるジャンルではあるんだよね。だからビジュアル系も当然相性がいいんだよ。

うーん、俺はビジュアル系とメタルって完全に分けて考えてる。ビジュアル系がオタクと親和性高いのはコミケで芸能系見てても分かるけど、ガチのメタラーは本作ってコミケとか来てるんだろうか。というのは、パンクとテクノのオタ友達は周りに腐るほどいたんだけど、メタルのオタ友達はいなかったんだよ!単に俺がメタル(スラッシュメタル除く)属性無いだけかも知れないけど、個人的にはオタクとメタルはあんま近くなくて、オタクとビジュアル系は親和性めっちゃ高い印象。
ていうか正確に言うならメタルに限らず、全ての音楽ジャンルはオタクと近いんだと思う。音楽にのめり込んでる夢見がちなヤツが漫画やアニメを嫌いな訳がない。
しかしアニサマ見てて思ったけど、アニソンがJAM Project色に染められていく現状には大いに不満だ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました