三条友美ホラー短編集「アリスの家」、自費出版で発売

なめくじ長屋奇考録 三条友美ホラー短編集「アリスの家」、本日正式発売&皆さまへのお願い。

本当に綺麗な本ができました。商業出版物と比べてもなんの遜色もない、納得のいくもの作りが出来たと思います。

在庫やコストのリスクを背負ってまで、なぜ電子書籍でなく紙の本にこだわるのか。
その理由が手にとってもらうだけで伝わる本です。

工口グ口漫画家の大家、三条友美の単行本未収録作品集がおおかみ書房より発行されました。

世の中には、「面白くない以外の理由で単行本化を見送られていて、単行本が出たら無条件で買うってレベルのコアなファンが1000人くらいはいる作家・作品」が山ほどあると思います。

いい試みですね。コミケの外周サークルを想像するに、販売数1000部ってのは在庫抱えずに売り切るにちょうどいい数字かも。漫画業界、特に工口漫画家にとっては厳しい状況ですが、この辺に漫画ビジネスの打開策がありそう。

三条友美先生は「人妻人形アイ」の3DCGアニメなども作られてます。何の3Dソフト使ってるのか気になるのですが、なかなか語ってはいただけません。



コメント

タイトルとURLをコピーしました