ガルボジック大好き

最近スカパーで夜な夜な伝説巨神イデオンを見ているんだけど、実はTV版をまともに見るのは初めて。意外にもあのガルボジックが活躍してるのを見て驚愕。こんなだったんだ!!!
俺はガルボジックというだけで笑ってしまう(;´Д`)惚れ惚れするような新兵器!
(関連)異常にカッコイイ、ガルボジック
http://pub.ne.jp/front365/?entry_id=80099
アオシマから発売されたガルボジックのプラモデルは3体に分離するんだけど(大したギミックではない)、ギドマックとかは先端の敏感な部分と4つある手?みたいなのが動くだけだったような。ギドマック2つ合わさるとギドマック・ドゥになります。放映当時は子供だったので親にプラモを買ってとねだっていたのですが、「ギドマック・ドゥにしたいから」という理由でのギドマック2つは買ってもらえませんでした。
(関連)会議をする重機動メカ
http://w-spazer.hp.infoseek.co.jp/ideon/column04.html

藤岡琢也死去

http://www.sankei.co.jp/news/061020/bun001.htm
お父さんの為の額縁ショー講座より

永遠の夢の世界の住人、無邪気役の藤岡琢也が無くなった模様。

故人のご冥福をお祈りします。
なんでも取っておくもんだな(;´Д`)昔のサイトの過去ログが役に立った
http://ameblo.jp/aniota/entry-10007377691.html
キャプってあるってことは映像もあるはずなんだが、さすがにすぐには出てこないな(;´Д`)とにかく無邪鬼役の藤岡琢也よ、永遠に。

<追記>発掘しました。おしゃべりの殿堂 2003/09/13 藤岡琢也(夢邪鬼)

コトブキヤ R.O.D 読子・リードマン

http://www.kotobukiya.co.jp/item/page/pvc_rod_yomiko/index.shtml

コミック・小説・OVA・テレビアニメと多方面に展開された不朽の名作「R.O.D」より、読子・リードマンが待望のPVC完成品化です!
読書さえできれば、他になにもいらないという程の愛書狂(ビブリオマニア)な彼女。女教師の顔を持つ彼女が持っている特殊な能力“ザ・ペーパー”を表現したポージングでダイナミックに立体化しました。尚、PVC化に当たって新造形の台座が付属します。

R.O.D 読子・リードマン (1/8スケール PVC塗装済み完成品)
Amazon.co.jp 売上ランキング:7
発売日:2006-10-18
メーカー:壽屋
定価:¥ 5,040(税込)
在庫:


R.O.D 1/8PVC完成品 読子・リードマン

山下ユタカ原画Tシャツ、予約受付中

http://ouch.oops.jp/
イラストは「ノイローゼダンシング」でカツローが着ていたTシャツの絵柄ですね。カツローの感情を表す生きたTシャツ。

ノイローゼ・ダンシング
発売日:1999-10
著者:山下 ゆたか
出版社:講談社
定価:¥ 550(税込)
在庫:
中古:¥ 140〜
暴虐外道無法地帯ガガガガ 2 (2)
発売日:2006-04-21
著者:山下 ユタカ
出版社:講談社
定価:¥ 1,100(税込)
在庫:通常24時間以内に発送
中古:〜

【復刊ドットコム】「暴虐外道無法地帯 ガガガガ 1 」復刊リクエスト投票

『ジャイアントロボ』が生誕40周年を記念し再アニメ化決定

http://journal.mycom.co.jp/news/2006/10/10/322.html
YellowTearDropsより

概要については、24日に第19回東京国際映画祭会場にて発表し、その前後に日本語版の公式サイトも立ち上げる予定とのこと。なおこのプロジェクトは『ジャイアントロボ』の生誕40周年をうたっており、原作マンガと特撮ドラマが1967年に開始していることから、新作アニメのスタートは2007年と予想される。また英語版の公式サイトが先に立ち上がったことや、先述の『ジャイアントロボ THE ANIMATION 地球が静止する日』が国内外ともに高い評価を得ていることから、海外展開も視野に入れられているものと思われる。

驚くのは製作がソフトガレージだってこと。公式サイトも以前はあったのに消えちゃったな。デフォルト画面っぽいのが出てる。
<追記>今は普通に表示されてる。メンテナンスだったのかな。

現在2誌のマンガ雑誌においてコミカライズが進行中。秋田書店の『チャンピオンRED』で連載が始まっている『ジャイアントロボ 地球の燃え尽きる日』は、前述の今川泰宏氏が脚本を担当し、作画を『スクライド』などの戸田康成氏が手がけた。『〜地球の燃え尽きる日』は新作アニメと直接の関連はなく、追ってワニブックスの『月刊コミックガム』でスタートするマンガが新作アニメに準拠したものになるという。同誌ではまず10月26日発売の12月号に予告編マンガを掲載し、11月下旬発売の1月号より連載を開始する予定。こちらの作画は稜町しろー氏。

今川版の漫画はいきなり九大天王が出てきたりで早くも今川節全開です。
gr.jpg

山本ルンルン「宇宙の白鳥」単行本化

http://yaplog.jp/lunlun73/archive/31
毎日小学生新聞で連載中のオールカラー漫画「宇宙の白鳥」がポプラ社より11月に発売とのこと。

デザインはオリオン、マシュマロ、シトラス学園とやってくれた学生時代からの友人のデザイナーさんにまたまたお願いしました。

なるほど。統一感があると思ったら同じ方が担当されているんですね。

ヒカリとヒカル―ふたごの初恋相談室
発売日:2006-06
著者:山本 ルンルン 夏 緑
出版社:ポプラ社
定価:¥ 882(税込)
在庫:通常24時間以内に発送
中古:¥ 500〜

あれ?俺これ買い逃してる(;´Д`)注文したっ!

モーニング10/19発売号で福満しげゆき「僕の小規模な生活」が再度掲載

http://www.e-1day.jp/morning/magazine_next/
YellowTearDropsより
モーニング9/28発売号に続いての掲載。おー、アンケートで好評だったんでしょうか。それとも元々何週かに分けての掲載なのかな。

僕の小規模な失敗
発売日:2005-09
著者:福満 しげゆき
出版社:青林工芸舎
定価:¥ 1,050(税込)
在庫:通常1〜2週間以内に発送
中古:¥ 660〜