露出過多、日本アニメ風…漫画版「紅楼夢」中国で論議


http://www.yomiuri.co.jp/culture/news/20050120i311.htm

今月13日に北京で開かれた出版式典では、出席したメディア関係者から「登場人物の描き方が、日本のアニメや漫画のような、大きな目、長いまつげで、流行にこびている」「肌の露出が多過ぎる」などの批判が出た。

まあ中国のように急成長を遂げている国はその成長過程でこういう文化摩擦が起こるのは仕方ないことだろう。基本的には他国のことだからどうでもいいけど。

3 thoughts on “露出過多、日本アニメ風…漫画版「紅楼夢」中国で論議

  1. 「紅楼夢」・・・あれってシスプリの元祖みたいなもんですよね。
    12人のハーレム・・・・もともとはそーゆー話って何処が元祖なんでしょう?

  2. こんなもんで日本アニメに似てるとはおこがましいにも程がある
    舐めるなと言いたい

  3. ↑ワラタ。これってある意味、中国共産党のお偉方のセンスが時代遅れという事がバレたって気もするし。逆に学会会長が「はなせる人」である事も判明したというべきか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください